たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

2016年01月26日

大漁旗 活活丼丼のご紹介


深大にぎわいの里の新店舗情報です!icon_kirakira_yicon_kirakira_y

今回、新店舗に登場したのは、大漁旗 活活丼丼です。


大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介

店内はこんな感じicon14


大漁旗 活活丼丼のご紹介

お店の外装は船をイメージしたつくりになっています!緑色が特徴です!!

お店には水槽があり、三崎港直送の活魚が泳ぎますよ!icon14




大漁旗 活活丼丼のご紹介

大漁旗 活活丼丼の店長の渋谷さんicon_bikkuri2
旬の美味しい魚を教えてくれますよicon_bikkuriもちろん持ち帰りの魚の調理もOKicon06

同店は、開業14年目を迎える「寿司大漁旗本店」(調布ヶ丘2)の2号店。2年前に開拓した三崎漁港(神奈川県三浦市)からの仕入れルートを生かし、「その日の朝に捕れた鮮魚を生きたまま調理して提供する店を出したい」という鈴木武則社長の思いから出店した。店内には同漁港から直送された天然魚が泳ぐ水槽が設置され、注文が入ってからその場で調理を行うほか、野菜などの食材も三浦半島で採れた季節の野菜を中心に取り扱う。
店舗面積は約40坪で、テーブル席37席、カウンター席6席を用意。

「三崎漁港から生きたまま店頭に運ばれる生け魚を食べられる店にしたかった。ぷりぷりした食感をぜひ体感してほしい」と鈴木社長。店長の渋谷祐輝さんは「養殖と違い天然の魚には旬があり、季節により魚の顔触れも異なる。夏はカレイ、冬はヒラメなど、旬の物を新鮮な状態で提供し、四季をおいしく味わえる店にしたい」と話す。

営業時間は9時30分~15時、17時~21時(土曜・日曜・祝日は通し営業)


メニューはこんな感じface16
大漁旗 活活丼丼のご紹介

大きなアナゴが乗った天丼icon14
大漁旗 活活丼丼のご紹介

こちらは、マグロ丼icon14
三崎港直送のマグロが使われていますicon_bikkuri2
大漁旗 活活丼丼のご紹介

こちらは、お刺身face05
大漁旗 活活丼丼のご紹介
これも美味しい 毛がにicon14
大漁旗 活活丼丼のご紹介

大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介

大漁旗 活活丼丼のご紹介

大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介

こちらは、お刺身ですicon01旬で新鮮な魚がお刺身で頂けますicon14icon_kirakira_y


大漁旗 活活丼丼のご紹介

また、マグロの煮付けや揚げ物なども準備していますicon_kirakira_yicon_kirakira_y


大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介


大漁旗 活活丼丼のご紹介

もちろんicon303ランチの定食もありますicon14

また、夜も21時まで、営業しておりますicon_kirakira_y
お酒も飲めますので、家族で仲間でわいわいしたいときにもオススメですよicon_bikkuri

近くの方は、是非ご家族でご利用下さいねicon_bikkuri2


是非icon14にぎわい里に ご来場の際は、食べて行って下さいねicon14

皆さまの、暮らしに「にぎわい」をicon_kirakira_yicon_kirakira_y



んじゃねicon303





  • Posted by nigiwainosato at 14:00│Comments(0)大漁旗
    ※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    大漁旗 活活丼丼のご紹介