たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2015年10月24日

川中製茶さんのご紹介

今回は、川中製茶さんのご紹介です。

お茶と海苔の専門店ですface01

☎042-487-1188

川中製茶



お茶のことなら、川中さんに是非お尋ねくださいface16

お茶専門店だから出来る品揃えとオススメのお茶も教えてくれますよicon14

また、海苔も大容量で買えるので、家庭のストックにおひとついかがでしょうか?icon_kirakira_y





お寿司屋さんなんかも、ここの海苔をよく買っていきますよface02

海苔の語源は、ヌルヌルするという意味の「ヌラ」がなまって「海苔」になったと考えられていますicon14 
平安時代は「紫菜(むらさきのり)」「甘のり」と呼ばれていましたが、地方により呼び名が変わり、江戸時代には「海苔」と呼ばれるようになりましたicon16

海苔を数える単位は帖か枚ですface16
紙や海苔のような薄いものを数える単位が“帖”ですicon14
海苔の場合は、10枚が一帖となっていますface01
今ではほとんどの海苔が焼いたり、焼いてから味を付けたりして加工されていますが、昭和20~30年頃までは加工された海苔は少なく、ほとんどが焼かないで売られていました。そのときの販売単位が“帖”であり、10枚だったのですicon_bikkuri2
ちなみに、生産者と流通業者の間では、10帖をひとまとめにして紙の帯を付けた束を単位とし、それを“一把(わ)”と呼んでいましたicon303

ちょっとした豆知識でしたicon33


また、海苔の保存方法ですが、湿った海苔は、再び元の状態には戻ることはありません!

一度容器から出した海苔を戻すと他の全部の海苔を湿らせてしまい、味を落とす原因となりますface08

普段は、海苔を小分けして、手早く必要な枚数だけを出せるように、小出し用の缶を手元にお置きする事をお薦めしますicon01








日本人の食文化のお茶と海苔icon_bikkuri2

何か、朝の食卓に海苔があると"ほっと”しますよねface16



あなたの食卓に日本の食文化の海苔とお茶で「にぎわい」をicon_bikkuri2
  


  • Posted by nigiwainosato at 12:28Comments(0)川中製茶

    2015年10月10日

    三ツ木農園さんのご紹介

    深大にぎわいの里ですface16

    今回は、農産物直売所「調布のやさい畑」に毎日出荷している『三ツ木農園』さんのご紹介です。

    三ツ木農園さんでは、調布と八王子の自社農園で野菜を栽培していますicon14

    畑の面積は、全部合わせて約8,500坪。

    キャベツ、きゅうり、大根にトウモロコシ。変わり種ではノラボウという菜の花の仲間までface16

    扱う野菜は何と!全160種類もあるんですface01



    三ツ木農園では、畑スタッフが毎朝早朝から、作物の収穫から、出荷準備を行い、毎日新鮮な獲れたて野菜を「調布のやさい畑」に運んでいますicon_bikkuri2

    土を耕し、作物を育てることは、自然との闘いでもありますicon03icon02icon01

    けれども、手間をかけ、手をかけた分だけ、大地から大きな恵みを頂く事が出来ますicon_bikkuri2






    野菜を育てることは、毎日毎日、手塩をかけて成長を見守って行きますicon12

    今回は、あなたの食卓に野菜が並ぶまでの、写真を紹介して行きますよicon22



    一粒づつ、小さな小さな種を植えて、発芽を待ちます。



    発芽したら、いよいよ畑に移して行きます。その前によく育つように、土を耕しますicon14




    また、自家製の堆肥も撒いていきますよicon303


    そして、いよいよ畑に作物が育つ準備が出来ましたよyotsuba
    こんな小さな発芽から、季節と共に成長して、やがて果実になり、収穫が出来るようになります!




    ここまで育てるには、害虫から守る為の消毒や、受粉の促進、そして間引きなど、たくさんの畑のスタッフさんの手間をかける必要があるんですねicon_maro







    そして、いよいよ収穫ですicon_bikkuri
    収穫したての、新鮮な野菜を皆様にお届けしたいicon_bikkuri
    そして自然の恵みや季節の移り変わりを、野菜を通して感じてもらいたいface16
    そんな気持ちで収穫をしていますicon303








    そして、収穫した野菜を、皆さまにお届けするまで、あと少しですが、
    余分な根っこや、葉などを手入れしていきます。そして土を洗い落としますよicon14







    このような、流れで、実際にお店にやさいが並んでいるんですよicon22
    生産者さん側から見ると、こういう風に、皆さまに新鮮な野菜をお届けしているんですicon_kirakira_y



    そして、獲れたての野菜を軽トラックに積み込み、お店に出荷して行きますicon17icon16






    そして、店舗で袋詰め等を行われて、初めてicon14商品として陳列されますicon_kirakira_yicon_kirakira_y








    このようにして、食卓に野菜が並ぶのですねicon06

    今回は、野菜の生産者さんの作物の育成から収穫、そして収穫の様子をご紹介しましたicon14

    きっと、そんな手間暇かけて育った野菜があなたの食卓へ一緒に「にぎわい」を運んでくれればと思いますicon22


    そんな獲れたて野菜を販売しているのが、農産物直売所「調布のやさい畑」ですicon_bikkuri
    ☎ 042-444-0327

    んじゃねicon303

      


  • Posted by nigiwainosato at 12:28Comments(0)三ツ木農園

    2015年10月08日

    街のアトリエさんのご紹介

    街のアトリエさんのご紹介です。

    街のアトリエは深大にぎわいの里の2階部分にありますicon14

    街のアトリエは、モノづくりが体験出来る場として、OPENしましたicon_bikkuri2
    ☎ 042-482-5573

    街のアトリエのホームページはこちらicon_kirakira_y
    フェイスブックページはこちらicon_kirakira_y





    「作ることは 生きること」 五感を研ぎ澄ます ココロとカラダでモノを作るface01



    という理念の下、「おそとであーと」教室や「あーとABC」教室、「農のアート&サイエンス」教室など、
    自然豊かな調布の地を活かした、作品制作などを行っていますicon14
    主催は、スタジオ元の山田はるこさんface16

    他にもスタッフはコチラでご紹介していますicon_kirakira_y


    また、深大にぎわいの里1階の農産物直売所「調布のやさい市場」の農園を訪ね、農作物の生産現場を見て作業を実際に体験します。農園での体験を終えてから、アトリエに移動し、その農作物の科学的な側面からの観察、研究を行います。その後、農作物と関連する色や形を使っての表現活動を行う、通常の学習領域を超えた活動をおこなっていますicon_bikkuri




    さらに、深大にぎわいの里のイベントの時には、「施設内であーとABC教室」や「チンドン屋さんになろう」とイベントを開催していますicon_bikkuri2




     

    主催の山田さんの想いは、
    「街のアトリエの理念として、『カラダを動かし、モノを作り、セカイと対話する』というのがあります。何かを作るっていうのは、自分を表現する事なので、自分は何が好きかとか、どういうものに向いてるとかも、自分の好きな物で何か作ってくときに、段々辿って行けるようになるんですよね。だからまずは自分と『対話』する。自分っていう内的な『世界』と『対話』するのが最初のステップとしてあって。そして段々『世界』に対して自分がこういう表現が出来ますっていう、外的な『世界』との『対話』に繋がって行ければいいな。」


    「ここで身につけた表現力は将来、アーティストになることで、それが消化される事を目指しているわけではなく、色んな分野で活用されると私は思っています。自分を知って、そこからまた世界に対して発信していくことが出来る人になろう、という様な教室をやっているつもりです。」
    と言う想いがあります。


    そして、
    「街のアトリエを地域に開かれたモノづくりの拠点にしたいと思っています。地域の方がモノづくりを体験できる場、さらには、にぎわいの里(市場)の2階の1号室周辺に、たくさんのクリエイティブな活動をされる方が集まって、制作現場になっていくことを願っています。」


    街のアトリエのインタビュー記事は、パッチワーク調布に記載されていますface16

    是非、ご覧下さい!


      


  • Posted by nigiwainosato at 11:47Comments(0)街のアトリエ

    2015年10月07日

    鳥商人さんのご紹介

    今回は鳥商人さんのご紹介ですface01
    鳥商人さんは大山鳥を中心に飲食店舗へ卸売をしていますicon17

    ただ、土曜日(不定期)には、一般の方向けに自家製レバーの燻製や自家製ベーコンに鳥焼の販売を行っていますicon06



    炭火でじっくり焼き上げた鳥は絶品ですよicon_kirakira_y
    「ビールが欲しい」この欲望を掻き立てる絶品料理ですface05



    私のオススメは何といっても、スモークレバーですicon_bikkuri2
    ビールとの相性は抜群icon14

    買えるのは土曜日だけだから、チャンスを狙って下さいねicon_maro02
    「毎週土曜日はビールと1品で贅沢な週末を」icon14

    あなたの食卓へ にぎわいをicon_bikkuri2

    んじゃねicon303


      


  • Posted by nigiwainosato at 08:00Comments(0)鳥商人

    2015年10月05日

    ムサシノ畜産さんの紹介

    今回のご紹介は、ムサシノ畜産さんですface01
    ☎042-487-2983
    深大にぎわいの里 調布卸売センターにある 精肉の老舗ですicon14




    産地・銘柄にこだわらず、職人が厳選した 美味しい お肉を手ごろな価格で販売していますicon_bikkuri2
    個人の方も、お求めやすい はかり売りですので、是非一度 お立ち寄り下さいねicon14





    ムサシノ畜産さんは、本当に丁寧に美味しいお肉を提供していますよicon_kirakira_y
    だから、常連さんも非常に多いんですicon_bikkuri

    一度買ったら、お肉の違いにびっくりしますよicon14

    長いこと職人さんが、お肉を厳選しているからこそ出来るんですねface05





    「美味しいお肉が食べたいなぁ」というときは、一度訪れてみて下さい!
    食卓が華やかになりますよface02

    あなたの食卓へにぎわいをicon_kirakira_y

    ちなみに私のおすすめは・・・






    自家製チャーシューicon06icon06
    とろける旨さが!口の中に広がりますface05

    んじゃねicon14
      


  • Posted by nigiwainosato at 08:00Comments(0)ムサシノ畜産

    2015年10月03日

    浜宏水産さんのご紹介です

    今回は、魚、珍味の浜宏さんのご紹介ですface16
    ☎042-486-2868

    浜松から17歳で上京して、築地でNo.1売上の経験を持つ勝春父さんの指導の下、兄弟と嫁と従業員一同仲良く、深大にぎわいの里(調布卸売センター)で各種魚類の卸し業を営んでおります。

    浜宏水産さんでは、あのビールのCM撮影も行われたんですよ!



    店舗では、浜宏特選 鮭の粕漬けを始め、毎日トラック2台で築地から新鮮な商品を仕入れています。

    店舗では、市場ならでは声の掛け合いや、やり取りが出来るのも楽しみの一つです。



       

    ちりめんじゃこも好きなだけ買えるのも魅力的ですねface16


    いやぁー贅沢icon14icon14
    白いご飯が何杯でもいけますね!食卓がにぎわいますよ。この組み合わせ!


    店主の倉橋さん!オススメの商品を教えてくれますよ!face02

    また、浜宏さんでは、飲食店もありますicon_bikkuri2
    名前は「浜勝」 場所は、東京都調布市佐須町3丁目1−8にありますface16 ☎042-489-8899

    浜勝さんでは、昼のランチバイキングもやっているんですよ!



    新鮮なお刺身などもバイキングで食べられますよ!!
    私は、こうしてこうして・・・



    自家製 海鮮丼の出来上がりface05

    お魚の事なら浜宏さんに相談だ!
    あなたの食卓へにぎわいを!

    んじゃねicon303
      


  • Posted by nigiwainosato at 10:40Comments(0)浜宏